セラピスト

方向性のブレを防ぐには、全体とポイントの両方を見ることが必要です。

ヨガクラスの生徒さん、自宅ですると次に何をしようか考えるからか、終わった後のスッキリした感じがしないのはなぜなのかと質問がありました。 ヨガを始めた初期の頃は、これまで意識が外に向いていた状態から自分の内側に意識を向けることを...
セラピスト

「かわいそう」という言葉は使うのが難しい言葉のひとつです

SNSに、弱視でメガネをかけることになった3歳児に、親が保育園の先生やお友達のお母さんに協力をお願いして、似合うと誉めてもらい、嫌がっていた保育園にやっと通う気持になったのに、電車で会った高齢の女性に「小さいのにメガネをかけてかわいそうに」...
セラピスト

混乱しているときは、大事なものが見えなくなっています。

センター試験の頃は、冷え込むことが多く今年も関東方面まで雪となりました。 ネットニュースで拝見した記事で、興味深いものがありました。 「なぜ宿題をしなかった?」東大に合格した生徒、さすがの返答(外部サイト) 先生も生徒も物...
セラピスト

結果を変えたければ、行為の質を変える必要があります。

寒くなると「猫ばんばん」といって、自動車に乗る前にボンネットを叩いて、エンジンルームで暖をとっている猫と追い出すことや、ボンネットを開けて確認してくださいというお知らせを目にします。 そして、別の案内も目にするようになりました。 ...
セラピスト

コンプレックスを感じたら、自分の魅力を見つけたことになります。

コンプレックスを感じるとき、見た目であれば、どうしてもその部分を隠そうとしたり、性格であれば、その部分を見ないようにしたり、逆に頑張って伸ばそうとしたりしたことがあるかもしれません。 コンプレックスに焦点を当てて、自己否定している状態...
セラピスト

悩み事があるときは、視野を広げることでヒントを得られやすくなります。

何か悩み事があるとき、その悩み事ばかりが頭にあって他のことに氣が回らなくなりがちです。 そして、人間の思考はネガティブな方向に向きやすいので、さらに不安になることや、悩み事が深刻化していくような感じになって落ち込むという悪循環に陥りが...
セラピスト

あなたが精神的に不自由さを感じるとき、固定概念や思い込みがあるかもしれません。

オーラソーマコンサルテーションでは、色を通して自己認識して、私たちが生まれてからこれまでにつけてしまった必要のない思い込みや条件付けを外して、氣づきを通して自分らしくバランスをとることを行います。 私たちがこれまでに成長してくる中で、...
セラピスト

お互いが心地よい関係でいるために大事なこと

誰かのことが気になって心配する時、相手のことを想ってというよりも、自分の心配や不安を解消したくて相手を気遣ったりすることがあります。 また、ボランティアをするにしても、本当に相手のことを想って、自分が出来ることがあるなら・・・というよ...